== バレエオタN ==

森下洋子さんは素晴らしかった

ヌレエフと森下洋子の『ジゼル』。動画をご覧になったでしょうか。

改めて驚くのは、むしろ森下洋子さんのすばらしさではなかったですか?感情、愛らしさ、テクニック、音楽性など、理想のジゼルに思えます。

コジョカルのジゼルも素晴らしいですが、1幕で楽しげにスキップするところで、有り余る身体能力のせいか、異常な飛距離だったりして、ジゼルは病弱じゃないのか~!?とたまげてしまいました。森下ジゼルはそのあたりもしっかりジゼルになっていて素晴らしい。

今にして思えば、小柄で愛らしくてテクニックが万全で、加えて、非バレエ先進国出身ということで、今で言えばコジョカルか。レパートリーも近いかな?

森下洋子さんは、ジュリエットも、それはすばらしいものでした。ジュリエットのテーマ(たーららららららら)の最後の「ら」に合わせて、ソファの向こうから、ひょこっと現れて乳母をからかう、出のところなど忘れられません。これも、私のアタマの中には、音付き、色つきで動画記憶が残っている、忘れじの名場面です。

その後、日本からは吉田都、熊川哲也の真に国際レベルのダンサーが現れ、その後をSHOKOさんが追っているというところでしょうか。そして、その前にいたのは、森下洋子さんだったのですねえ。何しろ、パリオペラ座で主役を踊ったのですから、これはすごい。

森下洋子さん路線は、日本人には狙いやすいんじゃないでしょうか。あまりにもレベルが高いけれども。みなさんがんばって。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:06:58 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old