== バレエオタN ==

これでパパもバレエ好き!!今こそコジョカルを見よう

バレエの稽古もシニアクラスともなれば週3回4回は当たり前。
好きでやる生徒の皆様はいいとして、ああ、世の中にタダのものは
ないのであった。誰かがその分、月謝を払っているのですよ。
皆様、努々(「ゆめゆめ」で、変換したらこの漢字が!知ってました?)
お忘れなきように。

で、安心してバレエのお稽古を続けるためには、ご両親もバレエ好きなら
問題なし!ということで、ご両親(特にお父様)にバレエ好きになって
もらっちゃおう、というのが今回のお題。

どんなジャンルも盛り上げるために一番てっとり早いのは、スターがいること。
バレエを見るにも、演目で見る、バレエ団で見る・・・
といろいろあるでしょうけれども、一番多いのは、やはり、このダンサーが
好きだから見に行く、ではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが来日直前のこの方

アリーナ・コジョカル嬢!!!!!!
(サワダさん、ここに写真かわいいとこお願い)

cojo.jpg

ご覧の通り、大変キュートな女性ですが、人気が先行している、
なんてことは一切なく、名実ともに現在最高のダンサーのひとりであります。

ざっとコジョちゃん(コジョカルさんのこと。以下同)の良いところを
あげてみましょう。

先ず、かわいい。
この方はルーマニア出身なのですが、ナディア・コマネチの昔から、
日本男性にとってルーマニア女性は鉄板であります。
お父様方も、きっと奥様とお嬢様方の次くらいに夢中になってしまうのでは
ないでしょうか。

次に、とにかく上手。回る、跳ぶ、なんでもできて、ビタッと安定しています。

次に上記にも関わらず、踊りが下品に流れず、同時にチャーミングでもある。

次に、コジョカルの特徴としてよく言われる点ですが、音楽性に富む。
リズムに乗ったり、ちょっとためてみたり、で、ためた分、
次でするっと抜けてみたり、と音楽と戯れるよう。
この点、20世紀最高のダンサーの一人、ミハイル・バリシニコフと
双璧と言いたい素晴らしさです。

次に演技。当然サイコー!!

だんだん、筆が荒れてきました。キリがないのでやめますが、
最後にもうひとつ。

このようにダンサーとしての美点をすべて兼ね備えたかに思える
コジョちゃんですが、たったひとつ、この人、色っぽくはないです。
(ですよね?)

お父様方としては、ちょっと色っぽい女優さんなんかを、「好きだなあ」
なんて言うのはちょっと恥ずかしいですよね?
(私は恥ずかしいです。言う必要もないわけですが)

その点、コジョちゃんは心配いりません。

「いやね、自分の娘を見るような気持ちで応援させていただいてるんですがね。
はっはっは」

と大人の余裕でお願いします。
マントルピースの前で、ゴルフクラブを磨きながら言えばさらに完璧。

今回の来日は全幕物がないのが残念ではありますが、コジョカルの名を冠した
初めてのガラ公演ということで、多いに期待しております。皆様もいかが?

アリーナ・コジョカル公式サイト

2月17日スタートの「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」公式サイト
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:38:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mmrballet.blog.fc2.com/tb.php/45-a9052148
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next