== みむらゆきこ ==

シンデレラ モナコ公国モンテカルロ・バレエ団~東京文化会館~

【舞台鑑賞記】
2012年3月11日(日)
振付: ジャン=クリストフ・マイヨー
音楽: セルゲイ・プロコフィエフ

仙女:小池ミモザ
父:クリス・ローラント
シンデレラ:ノエラニ・パンタスティコ
王子:アシエ・ウリアゼレカ
継母:カロリン・ローズ
義理の姉たち:モード・サボラン、アンヌ=ラウラ・セイラン

この日は忘れもしない昨年の東日本大震災から一年の3月11日。
公演の前に、東日本大震災 追悼セレモニーが行われました。

セレモニーでは、まずモンテカルロ・バレエ団の日本人プリンシパル・小池ミモザさんが自身の振付作「La vie」(生きる)を披露。「春の芽吹きを思わせる、弱いようで強いものを表現し、"希望"を感じていただけたら」というミモザさんの言葉どおりの心にしみるダンスでした。

その後、モンテカルロ・バレエ団芸術監督のジャン=クリストフ・マイヨー氏のスピーチに続いて、モナコ大公アルベール二世殿下のメッセージを在東京モナコ公国名誉総領事 諸橋晋六氏が代読。
地震発生時刻の14時46分に合わせ、観客の皆さんとともに一分間の黙祷が捧げられました。皆さんと共に祈りの中にいられたことに感謝したいと思いました。

2012y04m15d_145921186.jpg
2012y04m15d_145930316.jpg
NBSのHPより転載

モンテカルロバレエ団のシンデレラの全幕は映像でしか見た事が無く、初見でした。
マイヨーによる新しい解釈が盛り込まれたこのシンデレラは、王子を亡くなったシンデレラの母親が仙女となって、父親と共にシンデレラの元に導いていくと言った設定なので、仙女が主役です。その仙女を日本人の小池ミモザさんが踊りました。

マイヨーの独特の世界観に気持ち良く浸り、こうやって平和に舞台鑑賞できる事に心から感謝です。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:00:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mmrballet.blog.fc2.com/tb.php/73-a8c72e1b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next